建替えサポート株式会社|マンション|建替え|再生|相談|コンサルティング|高齢者

講演会実績
某団地にてよろず相談会を開催

6月17日~7月2日(3回~8回) 某団地にてよろず相談会を開催しました。
建替え委員さん達も 積極的に参加されました。委員会では聞けない
お話も多々あったようで 今日は とても勉強になり 今後の建替えへの
頭の整理ができましたとよろこんでお帰りになりました。
午後からは 2組の個別面談を差し上げました。
ご高齢の方々は 仮住居や引越しのことばかりが 頭に浮かびますが、
実際には 円滑化法を使うと 決議が成立してから仮住居に
引っ越すまでには 最短で1年近くかかります。規模の大きい
団地だと提出物を回収するのにも相当な時間がかかります。
決議前の段階から 仮住居、引越しなどの心配ばかりをしていると
(当然費用の計算はしておかなくてはなりませんが)
何年もその心配をしなくてはなりません。
その内に精神がおかしくなってしまいます。
ということで 今の段階で 何を考えなくてはいけないのかと
仮住居探し、引越しについての 支援内容を細かくお話をしました。
気持ちが落ち着いたようで 心が軽くなったと帰っていかれました。
講演会
某団地にてよろず相談会を開催

6月3日、4日 某団地にてよろず相談会を開催しました。
今回は ご高齢の方々を対象に呼びかけをしましたが
高齢者の気持ちを知りたいと地権者の子供さんも 参加されました。
なかなかやさしい親思いの子供さんです。しかもとても勉強熱心な方です。
各不安をいつどこで整理するのか?のお話をすると
参加者全員が建替えの段階、段階を整理すると
頭の中の不安が軽減されたとおっしゃっていました。
帰られるときの足取りが 軽くなっているのを実感しました。
講演会
講演会のお知らせ!

6月3日~7月2日 某団地にてよろず相談会(全8回)を開催します。

今回は 昨年の相談会のおさらいと
①建替え決議とは?
②漠然とした不安への整理
③どの部分でどんなフォローをするのか?
主に 以上のような内容で お話をします。
講演会
某団地 よろず相談会 第6回目~第12回目
11月10日 某団地 よろず相談会 第6回目~第12回目
無事最終回まで終了しました。 毎回 違った質問があり 個々に不安に思うところ、 疑問に思うところが 違うのだなと感じました。 やはり 建替えは 全体での建替えでもあり、 おひとりおひとりの建替えなのです。 第6回目に 良い質問を頂きました。 賃借人の退去の件での質問です。
現在、非居住で一般の方と賃貸借の契約を結んでいる方です。
退去していただく時期や覚書を交わすことなどをお話しましたが、それよりも大事なことは、お互い今までの契約の関係を感謝し喜んで満足して退去を頂くという気持ちを忘れない事が大事であるということを、お話をさせて頂きました。
マンションの再生は、地権者 その地域の方々 賃借人etc. みんなが限られた条件の中で最高に満足して前にすすむ事が大事です。

講演会
某団地 よろず相談会 第五回目
10月18日、出足悪く本日の講演は2名か?と思っていたら、時間ぎりぎりで次から次にサロン棟へ入って来られました。私の理想とする10名程の相談会とは少しちがうかなぁ~?と思われましたが、 1時間ほどの私の講演後、数名の方が他の予定ありということで退席され残った方々が約10名ほどでした。
この日は、耐震性能への不安ということを重点的に、他の団地の事例を上げながらお話をしました。
今までも、建替え委員さんなどから再三お話を聞いていらっしゃるのですが、実の所は あまり理解されていなかったという感じでした。
再生について何故再生なのかがよく理解できたというお言葉を頂きました。
某団地 よろず相談会 第四回目
10月13日、5名参加
各人自分の意見を1対1でお話しているかのように、お話いただけました。
やはり少人数を対象にした相談会は開催してよかったと思いました。
過去の建替え事例のお話をしますと、私たちと同じ悩みや不安を持たれた方々ばかりだねとほっとされたり、お互い励ましあったり、今後の建替えスケジュールを確認したりと、同じ目的をもたれている方同士いい時間を過ごせたようでした。
某団地 よろず相談会 第三回目
10月11日、参加人数8名(丁度いい人数です)
自分は後期高齢者だから この団地の再生は自分が死んでからにしてほしいと思っていたが 最近は少し考え方が変わったという方が参加されました。
この方は、建替え最中の都内の団地に ご兄弟がお住まいで このご兄弟も後期高齢者なのです。この団地は 私がかかわった団地でして 実はこのご兄弟のソフト面のサポートを私がさせて頂きました。現在工事中で、仮住居生活をとても楽しまれている状況です。
この方も、再生にはとても躊躇しておられましたが、建替え計画の説明(わかりやすく)や仮住居探しなどのお話、おまけに将来の生活設計までさせて頂きました。
今では、しっかり将来の目標をもって力強く、楽しく生活を楽しんでおられます。
このご兄弟から私の話を聞き、私にお手伝いをしてもらえるなら再生に参加しても良いかな?と気持ちが変化してきたようです。
こんな時は、どんなサポートをしてくれるのか?
こんな事がわからないが教えてほしい?とか活発な質問が出ました。
今回の相談会もとても有意義な時間を過ごせました。
某団地 よろず相談会 第二回目
10月6日、参加人数は、第一回目の4名から6名に増えました。10名ぐらいまでは、少人数対応という意味ではOKかな?と思っております。
再生に対して少しマイナス的に考えている方も参加されました。
なぜ再生を考えなくてはならないのか?ということを おさらいも込めてお話をさせて頂きました。
10数年程前から、団地の再生を考えるということで団地の有志の方々が、時間をかけて皆様に伝えてこられたことのおさらいです。同じ地権者から聞くお話と私のような第三者から聞くお話では、感じ方が違うようでした。
マンションの再生には、4つの大きな理由があるという話など大きくうなずきながら聞いておられました。 とても有意義なひと時でした。
某団地 よろず相談会 第一回目
10月4日、某団地内 12回中第一回目の講演会(よろず相談会)
少人数を対象とした講演会(相談会)です。
大勢参加されている講演会などでは、なかなかうまい具合に質問も出来ないというのが一般の方々の悩みだと思いましたので、こういう相談会を開催いたしました。
第一回目ということで、対象とする号棟への宣伝も出来ていなかったのか?4名の方だけの参加でした。少人数が目的なので、丁度良い人数です。
1時間ほどの私の講演後よろず相談をさせて頂きました。
資金の件(ローンの件)仮住居費用など出て行く費用を少しでも抑えるにはどうしたらよいか?
権利を売って中古マンションでも購入した方が良いのか?再建後戻ってきた方がよいのか?判断できない。
高齢のために体力がなく再建後戻ってくるには2度の引越しに 耐えられるだろうか?
等々、各人ご不安点、質問等たくさん頂きお答えをさせて頂きました。とても有意義なよろず相談会となりました。
ガイアの夜明けの上映会及び講演
9月22日、某団地で、NHKおはよう日本、NHK特報首都圏、テレビ東京ガイアの夜明けの上映会及び講演をしました。
私の仕事が、以前各テレビに取り上げられましたので それを見ていただきました。
建替えのドキュメントで 建替えの流れやご高齢者への配慮など、よく出来た番組ですので見ていただければ多くを語るより、ご理解が早いと思いました。
上映後、ご意見質問賜りました。
10月4日から12回少人数を対象に講演会を開催することのお知らせを致しました。
港区白金台の某マンションで講演
7月20日、NPOマンション再生なびの基本講座に参加された方から、講演の依頼ありました。
現在99戸のマンションで自主再建を目指していたマンションですが、デベロッパーが参入することによって、地権者の方々の負担が少なくなるというお話があり デベ参加で再生をしようとしているマンションです。 諸条件が良いからといって 再生が成功するわけではないと、建替え委員長さんは 良くご理解をされていました。
建替え委員さんに対して講演をさせて頂きました。反対者のこと、ご高齢の方々の不安解決の方法、仮住居への不安など、たくさんの活発なご質問が出ました。
9月末日の建替え決議に向かって、委員さんがひとつになって地権者を守ろうという姿が印象的でした。
某団地、建替え計画委員会で講演
7月13日、再生に不安を抱くご高齢者の方々へのお手伝いを頂く委員さんに、ご高齢者の心理、不安点、それに対する解決方法等をお話をしました。
委員さん方もご高齢の方が多く、大きくうなずきながらお話を聞かれていました。一地権者としてお話を聞いて、随分楽になりましたとのお声も頂戴いたしました。
マンション再生基本講座(第一回)
6月3日、NPO法人マンション再生なび主催、マンション再生基本講座(第一回)で講演させていただきました。
再生を考えているマンションの管理組合理事の方々や建替え委員会の委員さんや一地権者の方など参加されました。
再生への進行状況が各マンション違うということで、初歩的なご質問や実際の建替えの手続き等の質問など いろいろでした。
この基本講座は、今後も定期的に行われるので、再生を考えている方々にとっては
とてもためになる勉強の場となると思います。
この様子は、マンション管理新聞で取り上げられました。
再生への事業協力会社に選ばれました
(地権者数が多いため数回に分けて説明会が行われました)
3月31日~4月1日、某団地(昨年10月建替え推進決議成立の団地)で 再生への事業協力会社(デベロッパー等)が決定し、そのご挨拶の中で、弊社もその内の1社としてご挨拶をさせて頂き、建替えを含めた再生の流れや当社の事業内容、過去の建替えの経験談 などの講演をさせて頂きました。ご高齢の方々、若い世代の方々から活発なご意見・ご質問を頂きました。
これから、私達プロが参入させて頂きこれまで地権者同士では解決できなかったことを中心に、再生がすすんでいきます。
大手デベロッパーが主催するマンション建替え座談会(東京)で講演
3月25日、大手デベロッパーが主催するマンション建替え座談会(東京)第四回 で講演しました。
前夜からの台風のような天気が午前中まで続きやっと午後から曇り空になり 安心しました。お足元の悪い中、約40名~50名のマンション管理組合の理事さんや建替え委員さんが 参加されました。マンション建替えのソフト面を重視される方々が増えてきています。
やはりハード面(設計等)だけでは、いくら建替えの諸条件が良くても、円満な合意形成 は出来ないと少しずつ気がつかれ始めたのだと実感しました。
今まで、なんとなく忘れ去られていたソフト面。しかし個々の諸問題、心のわだかまりを 取り除かない限りは 本当の意味での合意形成は出来ません。
質疑応答も、時間を超過するぐらい活発でした。結局は時間の問題もあり質疑は、大手デベロッパーへファックスで頂き後日お答えするということになりました。
私の経験が少しでも皆様のお役に立てればと思っています。
大手デベロッパーが主催するマンション建替え座談会(大阪)で講演
3月18日、大手デベロッパーが主催するマンション建替え座談会(大阪)第四回で講演しました。
春の嵐の中(強風)マンション建替えを考えている各マンション(団地含む)の 管理組合の理事や建替え委員さん等が参加され、私の経験談を真剣に聞いて頂き 講演終了後の質疑応答も活発な質問が出て、予定の時間を超過してしまう程でした。
各マンション(団地)へ持ち帰って頂き、私の経験を活かして頂ければ幸いです。
賛助企業特別研修会で講師をさせて頂きました
2月16日、NPO法人マンション再生なびの賛助企業特別研修会で講師をさせて頂きました。
NPO法人マンション再生なびの賛助企業(デベロッパー、建築会社、管理会社等 マンション建替えに深い関わりを持つ企業)が各社3名づつの参加でした。
マンション建替えの円満な合意形成をするための地権者への対応等、興味深く 学んで頂きました
マンション建替えにとても前向きな企業の皆様で 感心しました
これからも地権者の方々のお気持ちを大事に、マンション建替えの事業協力者として 励んで頂ける事だと信じております。
土曜サロンにて講演
10月14日、10月21日の土曜サロンにて2回講演させて頂きました。
近々建替え決議を迎えるご高齢の方々が中心にお集まり頂き、
お話を興味深く聞いて頂きました。
題名は、「引越しと仮住居生活」
建替えが決定したら 引越しを2回しなくてはならない
高齢だから体調が心配?
仮住居ってどうやって探すのかしら?
荷物が多すぎてどうやって片付けたらいいの?
等などの皆様のご不安に、これまでの経験等をもとにお答え致しました。
マンション協議会で講演
2月28日、国土交通省の外郭団体である マンション協議会で講演しました。
題名「マンション建替えと高齢者」
マンション建替えを考えている団地の管理組合や建替え委員の方々に お話をしました。
女性の委員さん等参加されていて、興味深く聞いて頂きました。
各マンションの建替えに活かして頂ければと思います。
埼玉県マンション管理士会総会にて講演
11月23日、埼玉県マンション管理士会総会に、お招き頂き講演しました。
題名 「マンション建替えと高齢化」
建替えに直面する方々に、アドバイスをされる立場の方々(マンション管理士)に、
これまでの当社の経験(建替えに直面するご高齢の方々の心理やサポートした内容等)をお話しさせて頂きました。
マンション管理士のお仕事に活かして頂ければと思います。
多摩ニュータウン 諏訪2丁目団地にて講演
10月、多摩ニュータウン 諏訪2丁目団地で2回講演しました。
題名 「マンション建替えと高齢者」
マンション建替えに直面している権利者の皆様に、興味深く聞いて頂きました。
戸数の多い団地なので、合意形成がなかなか難しいのが現実ですが、
委員の皆様はじめ活気に満ち溢れた講演会でした。
大手デベロッパー主催マンション座談会にて講演
6月13日、大手デベロッパーが主催して行われた、マンション座談会で講演させていただきました。 題名 「マンション建替えと高齢者」
マンションの建替えを考えている団地の管理組合の理事の方々に、
これまでの当社の経験をお話させて頂きました。
やはりマンション建替えは、高齢者へのサポートなくしては実現しないと考えている
理事の方々が殆どでした。
NPO法人(特定非営利活動法人)都市まち研にて講演
1月、NPO法人(特定非営利活動法人)都市まち研にて講演しました。
賛助企業や正会員の方々が、沢山お集まりになられました。
題名 「マンションと高齢者」
これまでの当社の経験(高齢者の心理やサポートした内容等)を話しました
再開発等に携わっている方々が多く 興味深く聞いて頂きました
再開発に直面しているご高齢のサポートというより まず自分の親に対して、
態度や考え方を改めなくては というご意見を沢山頂きました。
中には、親に対する自分の態度に反省し、涙される方もいらっしゃいました。